2009年08月04日

裁判員裁判初日

わかる言葉、見せる立証…裁判員裁判初日

裁判員裁判の全国第1号となった東京都足立区の路上殺人事件の公判が、3日午後、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で始まった。

全国で初めて選ばれた裁判員は女性が5人、男性が1人。この日は、検察官による起訴状朗読から現場近くの女性の証人尋問まで、3時間余りで終了した。冒頭陳述ではわかりやすい言葉が使われるなど、刑事裁判の姿は大きく様変わりした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000725-yom-soci


今年5月にスタートした裁判員制度による全国で初めての裁判が、3日から4日間の日程 で東京地裁で開かれる。  

裁判所から呼び出しを受けている候補者らは3日午前、東京地裁で事件概要の説明を受けた後、選任手続きを経て6人の裁判員が選ばれる。  

裁かれる事件は、今年5月に東京・足立区で無職・藤井勝吉被告(72)が向かいに住む 小島千枝さん(当時66)を刃物で刺し、殺害したとして殺人罪に問われているもの。

藤井被告は裁判で殺人の起訴事実は認めるが、どの程度の殺意があったか、また犯行の動機 などが争点になるとみられる。  

裁判員裁判では、難しい法律用語をわかりやすく言い換えたり、モニターを使ったりして 裁判員が理解しやすい説明が行われる。裁判員がどのような判断を示すのか、裁判は3日 午後1時半から始まり、判決は6日に言い渡される予定。




posted by 裁判通 at 01:16| Comment(170) | TrackBack(0) | 裁判ニュース

2008年12月01日

裁判員制度 辞退

来年5月から施行の裁判員制度。

様々な問題を抱えていると思われますが、そのなかのひとつが辞退です。

呼び出しがかかり通知がきたら原則的に辞退はできません。

そして通知がきたことも他社にむやみに知らせることができません。

不特定多数の人に知らせてはいけないのです。例えば雑誌やブログなどに載せてしまうことはダメです。

お勤めのかたは会社を休むことになるようなこともでてくるでしょう。

不透明だけに裁判員制度を悪用するような輩も出てきそうです。

病気などのやむを得ない理由以外は真摯に受けるしかなさそうです。
posted by 裁判通 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度